宮本算数教室とは?

『賢くなるパズル』とは?

開成・麻布・栄光・筑駒・桜蔭・フェリスに80%以上が進学する宮本算数教室

『賢くなるパズル』は、宮本哲也氏が開いている宮本算数教室の教材。宮本先生のこの教室は無試験・先着順の入塾ながら、開成・麻布・栄光・筑駒・桜蔭・フェリスなどといった最難関中学校に、近年生徒の80%以上が進学する実績を持っている教室です。入塾申込日には、メールが殺到し、倍率5倍以上になるほどの大人気の教室。『賢くなるパズル』は宮本算数教室の3年生用の教材です。教室に入塾した生徒は最初の1年間ひたすらパズルを解きます。

宮本算数教室ではパズルを1問解くごとに、1ポイントずつポイントを付与し、そのポイントが250ポイント貯まるごとに昇級していくシステムを取り入れています。パズルという楽しみながら学習できる教材とポイント制度で、子どもの学習意欲や達成感を常に刺激し続けます。1年間このパズルをみっちりとやった生徒たちは4年生、5年生と学年が上がっても、問題を粘り強く考える姿勢が身についているので、どんな教科のどんな問題でも真剣に取り組むことができます。

※開成中学合格率77%(74人合格/96人受験。2012年度合格者実績までの計算)

宮本哲也先生プロフィール

1993年、横浜に宮本算数教室を設立。無試験先着順の入室にもかかわらず、卒業生の80%は首都圏トップ校に進学。多いときは欠員待ちの生徒が500人を越えた。

2015年、日本にいながら異例の6ヶ月というスピードで取得したグリーンカードはジョン・レノンやオノ・ヨーコ、ノーベル賞受賞者が取得するのと同じ分類のカテゴリーE11。
同年2月、教室をマンハッタン、グランドセントラル駅近くに移転。

2018年5月、再び東京都千代田区にて教室を再始動。

著書の『賢くなるパズル』(学研)はシリーズ250万部、『算数と国語を同時に伸ばすパズル』(小学館)はシリーズ40万部、『強育論』(ディスカヴァー)は単行本、新書で計10万部の売り上げ。
テレビ出演歴「情熱大陸」(TBS 2006年)、「たけしの新教育白書」(フジテレビ)、「未来シアター」(日本テレビ)、「全力教室」(フジテレビ)など

宮本先生のホームページ http://www.miyamoto-mathematics.com/

宮本先生動画インタビュー